2009年08月26日

元気です。

いっぺんにいろんなことが起こると、自分の中で処理しきれなくなっちゃうもんね。
おかげさまで、何とかやってます。案外タフな自分です。

さて、シナモンさんから糸が届いて、取るものもとりあえず、
Loveを完成させました。Loveの文字が半分のままってのは、どうにも縁起が悪過ぎ。
Charcoal という色が良かったのか、WDWの染色がいいのか、
ロットが違っても、全く違和感なく。そのうち額に入れて、心の目標にします。

LLL&NC.jpg
"Live Laugh Love" La-D-Da (c)
"Flowers for Sarah Needle Case" より "Flower Vase" Blackbird Designs (c)

隣のは、Blackbirdの『Thank you, Sarah Tobias』の裏表紙に掲載されている
Needle Case の図案です。布は40ct、Sandstone/Tea Dyed。

糸が届くまでの間、フレメもあんなことになっちゃったし、
手持ちの中から比較的簡単なの...と思って探して、でもこれ、案外大きく布が必要で、
色を考慮すると、この40ctしかなかったんですよね。
もうちょっとザックリと刺したかったのに、繊細な感じになりました。
年号もイニシャルも入っちゃったので、放置できません。心しておきます。

Crescent Colours の糸って、Gentle Art と同じで色味アバウトなんでしょうか。
図案集に掲載されている色と、ぜんっぜん違うので、ちょっとびっくり。
特に黄緑色のJoshua Tree という色が、写真では薄ピンクに見えて、
Little House Brown という、こちらはホントに薄ピンクなんだけど、
記号が間違ってたのかと思ったくらい。あ、写真ではこちらは薄茶色でした。

近くの手芸店では、国内メーカーか、DMCの糸くらいしか置いてないから、
他メーカーの段染めやシルク糸が欲しい時は、どうしても通販になっちゃう。
こういう、色の不安定なメーカーさんのは、実物を見てから買いたいものだわね。
需要がないんだから仕方ないか〜(溜息)


夏になる前に、途中まで進めてたBlackbirdのお家ものですが、
残念ながら、お友達の新築自体が頓挫してしまいました。
先方の担当者と折が合わなかったようです。
家づくりに無理は禁物だからね、断る決心も大切だと思うから、それはいいんだけど。
ん〜〜〜、最後の文字をどうするか、悩んでるんですよね〜、またお蔵入りか...


さて、気が済んだので、フレメのリースの解きにかかりますか。
もう8月も終わり。3ヶ月分いっぺんに...なんてことは無理だよな〜。
posted by トモコ at 16:36| ☀| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。