2010年04月03日

やっと進学先が決まりました

前回の更新は、長女の公立高校入試当日。
彼女が帰宅した後には、とても書き込むような気分になれそうにもない...
という予感は、見事的中しました。
帰るなり、テレビの速報を前に座り込んで、2時間泣きはらしていました。
たぶん、合格までそんなに遠くはなかったと思うのですが、結果は残念ながら。

私立高校を一件受けていたので、そちらに進学かと思っていたのですが、
自宅からは少々離れた地域の、そこそこの高校で欠員があって二次募集をするとか。
全く視野になかった学校でしたが、急遽いろいろ調べて、出願しました。
二次募集ですから、本来もう少し学力の高い高校を受験して、失敗した子が集まります。
欠員数わずか14名に、出願が70名近くだったそうです。
中学の担任も、受かったらラッキーくらいの気持ちで待っててねと言うほどの難関。

二次の発表の日、電話連絡を下さるという時間から30分待って、
すっかり諦めかけた頃、合格の一報が届きました。
やっと、おめでとうと声を掛けてあげることが出来て、母も心底嬉しかったです。

自他ともに認める方向音痴の彼女も、これからは鍛えられるでしょう。
入学式は来週ですが、新入生向け説明会があったり、制服や物品を揃えたり、
徐々に気持ちも整ってきているようです。


結果、良い方向にまとまったのですが、なかなか紆余曲折でした。
その間、進めていたのはこちら。

B&RHouses.jpg
"Red & Blue Houses" Emily Head of Industrioushead (c)

このEmilyさんというのは、新人デザイナーさんのようです。
なので、サンプルに作った時とチャートに起こした時で、気分が変わったのかなぁ。
掲載された完成写真の、膨大なサテンステッチに惹かれて始めたのに、
色の順番も、ダイヤの幅も違うんです。青い鳥の尾っぽも随分違いました。花の芯も。
途中まで刺して、あまりに雰囲気が違うので、解いて写真見ながら刺し直しました。

長女が気に入ってくれたので、小物を入れるポーチにでもしようと思っています。


アルファベットの方は、さすがに飽きちゃって進みません。
私、アルファベット好きだと思っていたのになぁ。4月分も文字ばっかりで少々辟易。


来週半ばで春休みも終わって、子ども達がそれぞれの新しい環境に踏み出します。
私も、踏み出す先を見つけないとなぁ...
posted by トモコ at 14:23| ☁| Comment(2) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつもトモコさんのすばらしい作品を楽しみにしています。
お嬢さん,残念でしたね。更新がなかったので、きっとトモコさんが心配なさっていた結果だったのだと思っていました。でも私立を選ばず,二次に出願なさったあたり、お嬢さんも含めて前向きですばらしいと思いました。
裁量問題が入ってから北海道の入試は変わってしまいましたね。
我が息子も昨年,第一志望の公立を落ちました。もう少し気迫がないとダメだと感じていた勉強量だったので,落ちるべくして落ちたと私は思っていますが,過去問は問題なく解けていたので,やはり結果を知った時はショックでした。息子は私立でいいいと言ったので入れましたが,どうしてこんなにできるのに落ちてしまったのかと家庭教師の先生に言われるくらい勉強はできています。今年受験だった娘は、数学が大の苦手。とても難しかった今年の数学に逆に救われた結果となりました。でも入ってから大変苦労をする事は目に見えています。二年続けての高校入試で、こんなことでいいのかと思います。塾ですら対策をたてられない問題って……
それでも高校がゴールではありませんよね。
新しく選んだ高校がお嬢さんの人生のプラスになることを祈っています。


Posted by milli at 2010年04月05日 10:45
milliさん、はじめまして。
温かいコメントを有難うございます。

裁量問題導入前は本当に基礎的な問題ばかりで、点数に差がつかず、
ほんのちょっとのケアレスミスが命取りになるような危うさがありました。
骨太な問題を加えるのには賛成する部分もありましたが、
学校の授業ではやったこともない、ダブルスクールでなければ解けない問題が、
公立高校の入学試験に相応しいとは言い難いですね。
うちの子の場合は、最後の粘りに物足りなさがあったので、
私自身は難しいだろうと予想していましたから、覚悟は出来ていましたけれど。

怪我の功名なのか、進学が決まった高校は、先生方の雰囲気がとても柔らかく、
本人は、自分を受け入れてくれたこの学校が気に入ったようです。
また、同じような境遇のお友達も出来たようで、入学前からメル友なんですって。
辛いことも、喜びの糧だと思って呑み込める子になって欲しいと思っています。

milliさんのお嬢様もこの春に高校進学なのですね。
お互い、充実した高校生活が送れるように、子ども達を応援しましょう。
また是非遊びに来て下さい。
Posted by トモコ at 2010年04月05日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。