2009年05月12日

梅とよもぎ餅とアネモネ

北国では、梅も桜も同じ時期に咲き始めるのですが、
花持ちがいい分、梅の方が遅くまで楽しめます。

桜の見頃はそろそろ終わりなのですが、梅はまだまだ。
先週末の日曜日、高校時代のお仲間大勢とお花見に行きました。

白梅.jpg
札幌市平岡公園(5月10日)

お花見は実は二次会で、この日は朝から山菜採りのイベントでした。
今年の春は雨が少ないので、芽吹きは遅めのよう。
でも、ウドやらタラの芽やらコゴミやら、いろいろ採って天ぷらでいただきました。
参加は昨年に引き続き2度目。目も利くようになってきた気がします。


収穫はほとんど提供してしまったのですが、
一緒に行った末娘のリクエストで、ヨモギをひとふくろ持って帰って来ました。
いざ、よもぎ餅づくりに初挑戦。

よもぎ.jpg草餅.jpg
これの倍くらいはありました    いびつでボテボテですが...

ヨモギは茹で過ぎるとトロトロになっちゃうと聞いたので、
慎重に浅く茹でたところ、茹で足りなかったようで潰すのが大変...
四苦八苦して、市販の切り餅と混ぜて、あんこを包んで、きな粉をまぶし...

買った方がずっとラクチンですが、手作りの良さということで。
味は、まあまあでしたよ。
また来年の春にリベンジを誓って(笑)


4月のリースも刺し上がりました。

アネモネ3.jpg
"WOOD ANEMONE" 『Flower Designs in Cross-Stitch』より
Haandarbejdets Fremme (c)

3月までの質素な感じと打って変わって、華やかな印象。
こちらの方が気恥ずかしくなるような可愛らしさです。
胸にポッカリ寂しさの募ることが多い今年の春でしたが、
春は本来、こういう季節なんだったよなぁ...って、再認識させられる図案でした。

さて、5月ももう半ば。
時の経つのは早いね〜(汗)
posted by トモコ at 15:59| ☁| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

道南の桜

連休も終わってしまいました。
もっとすべきことはあった筈なのに、遊んでばかりで終わっちゃったなぁ。

連休終盤の5日早朝から一泊で、松前〜函館の桜を観に行きました。

南殿.jpg
松前城公園の南殿(なでん)

八重のふんわりとした柔らかい印象の桜です。
確かに綺麗なんだけど、今年の松前はイマイチだった模様。

敷地内のすべての南殿の原木とされる「血脈桜」という巨木があるのですが、
今年は、暖かさが災いして、野鳥が花芽を食べ尽くしてしまったようで、
確かに満開なのだけれど、枝先にぽしょぽしょと花が付くだけの寂しさでした。
いつか、ちゃんと満開に咲きそろったところを見てみたいです。残念。

函館の五稜郭公園の方は、桜吹雪の夜桜を体験できて、和みました。
同じ北海道だけれど、やはり札幌とは気候が違うんですね。植生が違うなぁと。


ステッチの方は、あとは花を残すだけ。
紫のステムの先に、裏側がピンクの白い花が咲きます。

アネモネ2.jpg
Haandarbejdets Fremme (c)

一緒に撮った大輪のゲラニウムは、昨年の秋に玄関先に植えたもの。
花がふたつ付いて、咲き誇っていたのに、また心ない人に一輪摘まれてしまいました。
取られるくらいなら自分で摘んで、室内で楽しもうと思って、持って来ちゃった。

玄関先に植えたものは、本当によく取られる。
根こそぎ、土ごと持って行かれたりするから、本当に悲しくなります。
眺めるだけで楽しんではもらえないものなんでしょうかね〜(涙)
posted by トモコ at 13:24| 🌁| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

儚い春

北海道にも桜前線がやってきました。
ここ数日、とても暖かい日が続いて、一気に桜も満開に。

お向かいのお宅のエゾヤマザクラも濃いピンクでとっても綺麗なのですが、
やっぱり淡いピンクのソメイヨシノがお花見にはいいですよね。
ご近所にある比較的大きな公園の桜並木を目当てに、散歩して来ました。

中島公園の桜.jpg
札幌市中島公園の桜(5月2日)

デジカメの電池が切れちゃって、写真はこれ一枚で終了...

例年、5月の連休時期の桜は開花前のことが多く、
連休周辺は気温が高めで行楽日和でも、その後にもう一度寒さがやってくるので、
お花見の季節といえば、寒い中、手をさすりながら...というのが定番だった筈なのに、
ここのところ、随分と開花が早いような気がします。
温暖化...ですかね?

ま、暖かい陽射しの中、綺麗な桜も楽しめて、とっても嬉しいんですが。


はらはらと花びらの舞う中、たまたま、友人と「死」について話しました。
息子の同級生が、どうやら自殺だったようで、詳しいことは判らないのですが、
やっぱり若い命を断たれるのは、どうしようもなく切ないです。
そして、私達も確実に「死」が身近になって来ているよね、って。

そんな中帰宅して、夜のニュースで、今度は清志郎さんです。
高校の頃、授業をサボって喫茶店に入り浸っていた頃、
いつも清志郎さんのあの有名な曲が流れていました。
音楽には、全然疎い私ですが、ロックのロの字も分かりませんが、
清志郎さんは好きだったんだなぁ。あの、人懐っこい真っ正直そうなところが。

結婚式のキャンドルサービスの曲が、清志郎さんの「June Bride」でした。
あなたがこういう選曲をするとは思わなかったと、友達に言われました。
「おめでとう、おめでとう、おめでとう〜♪、June Bride」と、
たくさん祝福してもらった披露宴だったなって、18年も前の6月のことを
なにか、ぽっかり胸の空いた気持ちで思い出します。

なんだか、長々書いちゃいましたが、
切ない春はなかなか続くなぁ...と思ってね。


2月、3月と、順調なペースで進めてきたリースですが、
4月は間に合いませんでした。ってか、ステッチミスで半分くらい解いちゃった(泣)
やっと、ぐるりが復旧したので、今度は間違えたまま進めなくても良さそうです。

アネモネ.jpg
Haandarbejdets Fremme (c)

スカスカですね〜。さびし〜。

明日は道南方面へ桜探しに行きます。
函館はそろそろ終わりのようなので、松前に足を延ばす予定。
この季節の松前は初めてなので、楽しみです。
posted by トモコ at 00:55| ☀| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ひとつめはスイス

やっぱり葡萄のサンプラーではありませんでした^^;
だって、ビーズ3種類も広げるの、億劫なんだもの...

P4110002.jpg
30-4903 "Switzerland" Ida Winckler
Haandarbejdets Fremme (c)

6つの枠の最初はスイスにしてみました。
もうね、キットに入ってる糸の配分が全然理解不能。
スカートの深い緑色、147番ですが、これだけの使用量なのにひと枷入ってるし。
古いキットだから仕方ないけど、手描きチャートで、ただでさえ読み取り辛いのに、
完成写真が2cm角くらいの小さいのしかないから、もう手探り状態?
ま、こんなもんかな〜って感じで仕上がりとしました。

以前、フランスのAnickさんのサイトで出ていたフリーのSALを思い出しながら。
思えば、いままでBengtssonさんの植物系が多かったので、サンプラーは初めてかも。
6つ完成まではまだまだ掛かりそうですが、ボチボチやります。


今日の打合せで、やっとひとつ仕事が動きそうな感じになってきたし、
札幌も暖かくなってきたので、夫に自転車整備してもらって走ってきたし、
ご近所に、かわいい美味しい素敵なケーキ屋さんも見つけたし、
わくわくの気持ちが行ってしまわないうちに、いろんなこと始めなきゃ。

明日がお天気だったら、まずは庭仕事かな〜。荒れ放題だしね。
#これが結構、決意の必要な仕事なもので...
posted by トモコ at 19:15| ☀| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

はなむけに

なるかどうかは分からないのですが、そういう気持ちで刺してました。
3月のリースは「すみれ」です。

P3280004.jpg
”においすみれ” 「デンマークのクロスステッチII 花と小鳥」文化出版局

花芯はてっきり黄色だと思い込んでいたら、薄紫でした。
主張せず、しっとりとしています。
紫がきりりと締まって、とても清楚。

3月中に刺し終えられて良かった。
中旬くらいまでは確かに身体も忙しかったけれど、
その後は気持ちの方がダメで、とても針が進みませんでした。
こんな小さな図案に、2週間も掛かっちゃった。

昨年の人との付き合い方が、たぶんいつもよりちょっと濃かったのでしょう。
いつも組織の中で暮らしていないので、別れの季節に疎かったのかも知れません。
この春、新しい生活に向けて旅立って行く人達が、自分の周りに思いの外多くて、
置いて行かれるような、寂しい気持ちが拭いきれません。

でも、彼ら彼女らにとっては新天地。
頑張って、新しい環境でも活躍してほしいと願っています。
そして私も、前を向いて動き出さなきゃなって、思っています。

北海道も春の気配。雪が降っても積もることはなくなって来ました。
来週からは4月ですね。
心機一転、頑張りましょう!
posted by トモコ at 11:55| ☁| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

春は別れの季節

今年は、久々に子ども達の卒業や進学がない春なのですが、
私自身が一年間通って来た、大学の社会人向けコースが、この3月で修了します。

毎週毎週、顔を突き合わせてやってきた実習のメンバーと
最後の修了式の発表会に向けて、一年の総括をしているところです。

私がダントツで年長だったし、大学院生なんて、まるで息子や娘のよう。
そんなに思い入れが深かったとは思っていなかったけれど、
ここに来て、やっと、盛んに交流するようになって、
これからの活動の糧になるなぁと、有難く思っています。


それとは別に、春のご栄転で、親しかった人が遠くに離れて行ってしまったり、
北海道の春はまだまだ寒いので、心の隙間も埋まらずに、さびしい季節です。


忙しいピークの筈なのですが、時々逃避を兼ねて進めてました。
やっと6つの枠が完成です。

P3090043.jpg

続けて、枠の中のモチーフに行きたいところですが、
ちょっと飽きちゃったので、修了式が終わったら、他のに移ろうかな。

眠れなくて、目がしょぼしょぼ。
さびしい春を早く乗り越えたいです。
posted by トモコ at 15:27| ☀| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

う〜ん、恐るべし花糸

eBayで、随分前に落としたキットです。
シリーズのうちの4つがセットになってました。
半分は完成写真も入ってなくて、ホント、いつのキットなんだろう...
というくらい古かったです。
だから、当然、現行の色とは違うだろうなぁって覚悟はしてました。
でも、この4つの年代は同じだろうとタカをくくってたんですね。

eBayの4つに加えて、現行のキットを2つ買い足してました。
枠のデザインは同じなので、色は揃えたい。
ならば、現行のじゃなくて古い糸を使っちゃおうと、
最初のキットを開けて、枠をふたつ刺しました。
半端糸だったのですぐに使い切っちゃって、次のキットを開けてみたら...
やられました。同じ番号だけれど、色が違います。

P2120064.jpg

どうですか?判ります?
右上の縦一列が真ん中辺で丸まってる6番の糸です。
隣にあるタグのついた糸よりは近いかと思うのですが...
昨夜、電灯の下で見た時は、もっと全然違う色だったんだけど、
陽の光だとそんなに気にならないかも。でも、違いますよね。

ま、解く気はサラサラないので、このまま行きます。


年末から懸案だったビーズ付け。
もう少しなんだけど、放置中です。乗らなくて。

先月末から、とてもとても気に病むことが起きてしまって、
針も持てない日が続きました。
そんな中で始めたのは、やっぱりフレメ。

P2120066.jpg
"ALDER" 『Flower Designs in Cross-Stitch』より
Haandarbejdets Fremme (c)

昨年の8月に、夏の色ではないと仕舞い込んだ2月のリースですが、
この冬の柔らかな陽射しには、本当にぴったり。
冬枯れた枝に陽射しが当たって、新芽が芽吹いて...
救われるような気持ちで刺しました。有難かったです。

いつまでもくよくよしてないで、元気に頑張りまっしょい!
posted by トモコ at 15:54| ☁| Comment(2) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

新年お初

もう、あけまして...というような時期でもありませんが。
新年明けて、初めての更新です。いつもモタモタですみません。

結局、クリカレは解いたひと枷だけ消費して、また眠りにつきました。

P1130033.jpg
"FÖRSTA JULBILDEN" HEMSLÖJDEN I MALMÖHUSLÄN(c)

完成させるという手もあったのだけれど、なんとなく。
もうひと枷くらいで出来上がりそうです。3枷半といったところでしょうか。

んで、このクリカレの布を捻出するために開いたキットがこちら。

P1140036.jpg
30-5148 "BLOMSTER" Haandarbejdets Fremme (c)

写真が暗くてすみません。
本当は、Gerdaさんの繊細かつ優しい雰囲気のいい感じです。

小さめのモチーフが並んだ大きなサンプラーですが、
例のごとく狭めれば布取れるかなぁと思って。
確認のために、ひとつだけ刺しました。アイスランドポピーだそうです。

今年も遅々として進まぬサイトですが、
どうぞよろしく御贔屓にお願いいたします。
posted by トモコ at 09:41| ☁| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

赤糸

ははは〜っ、
優柔不断のトモコさんは、間に合うかも〜...と思った時点が危ないのよね。
あれっきり、ビーズ付けは中断してしまって、
クリカレに走ってしまいました。マリリアさんで購入した初クリカレ。

PC240012.jpg
"FÖRSTA JULBILDEN" HEMSLÖJDEN I MALMÖHUSLÄN(c)

糸は、ちょっと落ち着いた赤の86番。
ここまでで手持ちの余り糸と新しく下ろしたひと枷が無くなりました。
結構使うんですね。3〜4枷は必要なのかしら。

何度か復刊している「スウェーデンのクロスステッチ」ですが、
まとめて一冊の時は、まだ私はクロスステッチに出会っていなくて、
3冊セットで復刊の時は、ん〜、なんだか思い切れなかったんですよね。

出版されている分は図書館でも借りられるし、
それなら、掲載されていない分を大人買いしちゃおうかな〜なんて
注文メールを出す寸前まで行ったのですが、セーフ(汗)
そのうち、2000年までをまとめて出版しようという計画もあるようなので、
それまで我慢することにしました。絶対に出版の方が早いと思うから(笑)

始めた時から、息子に「来年の分?」と言われてましたが、
どう頑張っても、明日までには完成しないことが判ったので、
またビーズ付けに戻ることにしましょうか。
そうそう、年賀状も考えなきゃ。
なんでもお尻に火がつかないと始まらないのは、悪い癖ですね。
posted by トモコ at 13:30| ☔| Comment(2) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

クリスマスもの消化

昨年のクリスマス直前に始めて、当然終わらなかったGerdaさんもの。
引き続き、お正月も刺してたんだけど、途中で期限付きのに火がついちゃったんですね。
残ってたのはほんのちょっとだったんで、難なく完成できました。
消化、ひと〜つ!

PC080131.jpg
Haandarbejdets Fremme 30-4136 "WHITE CHRISTMAS" 12B

フレメは、出来上がるともう一個刺したくなりますね。
刺し掛けも沢山あるので、次のを探すには困らないのですが、
また期限ものに火がつきそうです。

今週末の忘年会で渡そうと思っているものがひとつ。
BelfastにDMC2本取りで、Prairieのサンタさんを刺してます。
久し振りの2本取りで、緊張...

もうひとつは、長男への入学祝い(!)と思って始めたサンプラー。
いい加減、クリスマスプレゼントくらいにはしたいと思ってます。
間に合うかなぁ〜???

クリスマスプレゼントと言えば、
ウチのサンタさんは、こどもに何が欲しいか聞いてくれません。
こどもから、お手紙を渡して欲しいと頼まれた頃もあったけれど、
結局、Wishlistからは選んでもらえたことはなかったようです。
物心ついてからは、自分で欲しいものをお願いするよりも、
ずっと素敵なものをサンタさんが探し出してくれるって気がついたらしく、
今では、アレが欲しいです...なんて伝えようともしてません。
でも、物凄く期待してる...

サンタさんは、何をプレゼントしようか、今年も頭を悩ませています。
何しろ、小学生のみならず、高校生までも当たっちゃうんですよね、プレゼント。
なんかね〜、止めるきっかけがなくてね。(というのは親の本音)

なにか、いいサジェスチョン下さいませんか?
posted by トモコ at 15:26| | Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

花糸全色

全色揃えても102色しかない花糸なんですが、
ケチケチのトモコさんは、たぶん出番がないだろうと思う数色は購入せずにいました。
ところが!
いろいろ図案が増えてくると、結構その数色でも「ない!」ということが。
他の色で代用するにしても、もともと色数の少ない花糸ですから、
悩ましいことが多くて...

結局、買うことにしてしまいました。
晴れて、全色そろい踏み。

で、やっと靴と黒目が入って落ち着いた女の子です。
黒のように見えて、実は濃紺、Navyでした。

PA060025.jpg
Haandarbejdets Fremme (c)

気が済んだので、またもうちょっとお休みいただきます。

そして、フレメ7目の次は28ctのover1をやってます。
ギャップが...
昨年、手を付けた秋物なので、今年は完成させたいのですがなかなか進みません。

ステッチではないのですが、先日見学に行った教会が素敵だったので...

れーもん.jpg
A・レーモンド設計 「聖ミカエル教会」札幌市東区

こういう構造の美しい建物を造りたいです。

もいっこ、先週末の大イベント。
11年頑張ってもらった車を買い替えることにしました。

くるま.jpg

手前が11年もののデミオ、奥が新しいフリード。
高校生にもなって、いまだ家族と行動をともにするお兄ちゃんが、
一緒にいられるのもあと数年だということで、買替え断行!
小さいながらも7人乗りのゆったりシートです。
早速、来週末は一泊で長距離ドライブの予定。
いまから楽しみです^^
posted by トモコ at 01:57| ☔| Comment(2) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

とりあえずここまで

フレメのモチーフ、10ケ刺し終えました。

フレメ.jpg
"Wild Flowers 4" より抜粋 Haandarbejdets Fremme (c)

差し上げるのは11月末なので、お仕立てはもう少し先に。
な〜んて言って、いつも結局仕上がらないので、今回は心して。

フレメのクリスマス本を買ったついでに、7目の端切れを買ってみたら
ちょうど、本に掲載されているアドベントカレンダーにサイズがピッタリ!
ま、正直に言うと、余白がギリギリなんだけど、それはいつものことだし。
はじめて、7目に2本取りというのをやってみました。
目が揃いやすくて、気持ちいいです。

浮気しなけりゃ、今年のクリスマスまでに完成するんでしょうけど、
他にも刺し掛けがいっぱいあるので、ボチボチやります。
posted by トモコ at 14:18| ☀| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

あちこち食い散らかし

繋がりました。

P8260001.jpg
"Words of Wisdom About Friends" Glendon Place (c)

これにビーズいっぱいの葡萄が実ります。あと、真ん中に文字と。
という区切りがいいところまで来ちゃったので、ついつい...

右下に小さく敷いてあるのは、Fremmeの新刊 "Wild Flowers 4" から
Huckleberryの図案です。小さくてすぐ終わるのに、可愛い...*^^*

いま、同窓会で再び知り合って、とても仲良くなった9人の同窓生との仕事が
この秋で終わるので、最後に何かみんなにプレゼントしたいなぁと...
自分のもお揃いで、10個のお仕立てをする予定。
なるべく手間がかからず、貰って困らず、って何だろうねぇ。
と思いながら、わざと端っこに刺したんですが、端すぎたかも...(笑)
11月末が目標です。3ヶ月計画。

小さなFremme図案で癒され、気を良くして、
2月に刺したリースの続きを刺そうかと引っ張り出してみました。
ふたつめだから、8月だけど2月のリース。はんのきの実のリースです。
ん〜、色がね〜、暗過ぎ。やっぱり、夏の鮮やかな陽射しには不似合いでした。
ちょっとだけ刺したけど、陽射しがもう少し落ち着くまでお休みしてもらいます。

さて、そろそろ気も済んだことだし、溜まった仕事をやっつけますか...(溜息)
posted by トモコ at 14:52| ☔| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

早過ぎる春の訪れです

全国的に春の訪れは早かったようですが、札幌でも桜が開花してしまいました。
例年ならGWにも間に合わないのに、今年はGWには散っていそうです。
庭仕事など、そろそろ始めないと大変なことになりそうです。...気が重いなぁ

スエクロのカントリーフラワー、
随分前に刺し上がっていはいたのですが、お仕立て待ちです。
ボード仕立てにしようと思っていましたが、
ちょっと忙しくなっちゃって、手がついていません。

rockrose.jpg
文化出版局「スウェーデンのクロスステッチI」より「ロックローズ」

忙しいとか言いながら、この春の新作にも手をつけています。
お隣のお宅の見事なエゾヤマザクラを背景に。

checkbook.jpg
"A Checkbook Keeper" Primitive Traditions (c)

もちろん、小切手入れじゃないですよ。
お裁縫道具入れ?携帯用のチクチクツールを入れる感じにしようかなぁと。
ま、いまのところ妄想だけなんですが...
posted by トモコ at 11:27| ☁| Comment(2) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

暖かな春の陽射し

雪解けが進んでいます。
陽射しも暖かくて嬉しいのだけれど、実は一年で一番汚い季節でもある。
歩道には、冬の間に積もり積もったゴミや泥や滑り止めの砂や、
いろんなものが混じった雪解け水が常に流れていて、
歩くのが下手な私は、いつも泥跳ねで水玉模様を作っちゃうの。
だから、綺麗な格好で出掛けなきゃいけないこの季節は、お天気が本当に心配。
長男の卒業式は今週末です。早く道路が乾くといいなぁ...無理だろうなぁ。

IMG_0398.jpg

カントリーフラワーは、本当に全然進みません。
時間をかけていないわけでもないんだけどなぁ...みちみちもっこりです。
地刺しの白が飽きるかなぁと思って、最後に残さないようにと思ってますが、
完成する前に浮気しそうです...
posted by トモコ at 10:32| ☀| Comment(2) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

春も間近

ここ数日、最高気温がプラス続きで、陽射しも暖かくて
すっかり春気分だったのですが、予報によると明日からまた冬だそうな...
(と書いたら、一昨年の今日のエントリーも”今日は春。”でした)

昨日、第一弾の合格通知が来ました。
とりあえず、行く高校がないという事態にはならなそうなので、ひと安心。
授業料全額免除には届かなかったけど、一部免除の特待も取れたので、
少しは気持ちに余裕を持って、本命の発表を待てそうです。
本命の試験は2週間後、ラストスパート頑張れ!

それで、始めたかったのは、スエクロのカントリーフラワーなのですが、
折角フレメの糸と布を出して来たので、1967年カレンダーのリースを刺しました。

P2200001.jpg
17-3323,01 Haandarbejdets Fremme (c)

私はカレンダーは持っていないので、図案はキットからです。
12Bの布が付いていたのですが、10Uで刺しました。
リースの中に何か言葉を入れたくて、over1で刺してみたのだけれど、
ちょっと気に入らない...どうしようか、もう少し考えます。

VEDBENDというのはたぶんデンマーク語でIvyという意味だと思うのですが、
...発音できません。

下に敷いたのが初ツヴィ!
みかん色の部分が麻糸と綿糸のブレンドで、刺し目が揃わず苦戦しましたが、
白は綿糸2本取りで、あまり気になりません。
素材が違うと伸び方や縒れ方が違うので、揃えるのはちょっと厄介です。
あんまり気にしなくてもいいのかな〜とも思うんですけどね。
posted by トモコ at 16:11| ☁| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

北国の夏はもう終わり...

今日あたりは全然暑くないです。
最高気温も28℃の予想だったし、これから刻一刻と秋がやってきます。

チクチクの成果は、結局、旅先で始めたフレメを進めました。
田舎に行ってのんびりチクチクは、なんといってもフレメでしょ。
ほんとは他の図案を探したのだけれど、大事に仕舞いすぎて発見出来ず^^;
お気に入りの1994年カレンダーからJulyの花かごです。

july1994.jpg

"Flowers in a Basket - July" Designed by Edith Hansen

経過をアップしようと思ってたのに、もたもたしてたら完成しちゃいました。
夏らしい清々しい花かごですよね。(8月はびわの実で花じゃなかったの)

高校時代の親友と連絡がつかなくなって15年余り...
最近、同窓会で消息を知っているという人がいたの。
連絡取ってみようと思ってます。
当時は、彼女、精神的な病でまともに付き合える状態ではなくて、
私の方から逃げたんです。素っ気なくしているうちに音信が途絶えて、
こちらからは捜し出せなくなっちゃった。
だから、またあの日々が戻ってくるのはちょっと不安なんだけど、
やっぱり私の高校時代は彼女抜きでは語れないのよね。

そんなわけで、ドイリーかタペストリーに仕上げて送る予定です。
posted by トモコ at 16:11| ☀| Comment(0) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

夜なべの小物

ま〜、大変ご無沙汰致しました。
なかなか更新できるような話題もなかったのですが、
先日、久し振りにお母さん友達でお昼しようということになって
お友達のお家にお呼ばれしました。
私はお菓子担当ということで、ケーキを用意したのですが、
前の日の夜になって急に思い立って、Tincanリメイクしたのがこれ。

fremmecan.jpg

今年はTincanリメイクしたいなと思って、
ちょっと買いだめしてあったの。中味も入ってるから一石二鳥。
これは、モロゾフのチョコレート缶なのですが、
丸缶なのですごく扱いやすいです。おすすめ。
でも、蓋をおさえる引っ掛かり?出っ張り?がないので、
側をお化粧するのは難しいかも。
今回は、時間もなくて蓋のみのリメイクですが、
全体がシルバーで模様もないので、これもシンプルでいい感じ。

モロゾフの缶って、角缶もシルバーのに移行してるみたいですね。
以前の柄物だと、本当に転用してるって感じがして、
なんとかして隠さずにはいられなかったから、
素材そのままでも悪くないってのは嬉しいです。
posted by トモコ at 12:25| ☁| Comment(3) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

ご報告遅くなりましたが...

とっくにステッチは終わっておりました。
フレメのクリスマスです。いやん、画像曲がってるね。

Xmasmotivesお仕立て、どうしようかなぁ〜。
普通に四方をヘムってベルプルにしようかと思ってたんだけど、自分の刺したものの裏の汚さに気付いてしまったので、裏が丸見えってのはちょっと躊躇するところがあります。でも裏を付けちゃうと重たい感じになる気もするのよね〜。
まだクリスマスまで10ヶ月程あるので、追々考えることにします。...というとギリギリまで放置する悪い癖。


で、足りない糸が届く間に進めていたのがこちら。

dearfield
"Dearfield" (c) CHARTMAKER

これまた2年越しで懸案だったものに変身する予定です。大きさの関係でボーダーは省略。案外、思ったより可愛い色合いでした。布もただのIvoryで古っぽい染めじゃないし、糸もケチってシルクはやめてDMC cottonにしちゃったし。いつの日か、もう一度今度はシルクで刺してみたいです。...いつ?(←ひとり突っ込み)
一気にfinishまで行きたいところですが、Time-up。姿を変えたらまたアップします。夫が羨ましいと申しております。んふふ〜。
posted by トモコ at 18:06| Comment(6) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

痛恨の糸不足

ライブドア、大変なことになってますね。
ブログも乗り換えようかなと思ったのですが、
いろいろ煩わしいのでまた後で考えることにします。先送り先送り...。

一生懸命出来ないと思ってたんですが、予定してた仕事が全然進まなくて(相手待ち)思いのほか時間がありました。家の片付けとかやれば良さそうなものですが、そういうのは視界の隅っこに追いやってチクチク。

Xmasmotif

ほとんど形が現れてきました。あとは、教会の白ベタとツリーの黄色い飾り、それと一番上半分隠れてるところのショウウインドウのディスプレイで終わりです。
ところが!

痛恨。ひとつは最下段のツリー、右から2番目、左側の下から2本目の枝一本分、これだけなんですが、ここにきて糸が切れてしまいました。キットで購入してから時間が経ってるので、他の図案を刺すのに使っちゃったりしたからなんです。フレメのキットって、糸はたっぷり入ってるからと油断しました...。
それと、ここまで来て気付くなんて遅過ぎ!なのですが、再下段が一目だけ足りなかったの。最後の最後でツリーのてっぺんのお星が入らなくなっちゃいました。(泣)
アイレットにしてみたんですが、違和感ないよね。大丈夫よね。これで行きます。

普段、ステッチミスを発見すると、適当に誤魔化さないで解いちゃう方です。後々つじつまが合わなくなるのが嫌なのと、ず〜っと心にここ間違ったのよねって残るのが嫌なの。でも、これは解くには悲しすぎるので許容範囲とします。

まずはお買い物。ついで買いも発令よね。当然(^^;)
posted by トモコ at 09:46| Comment(4) | Fremme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。